「Erlang」四則演算プログラム

Erlang で四則演算プログラムを作ってみた。
非常におもしろくないプログラムだけど、なんか忘れたら嫌なんでメモ残す。

-module(calc).
-export([add/2]).
-export([sub/2]).
-export([mul/2]).
-export([division/2]).

add(A, B) ->
  io:format("~p~n", [A + B]).
  
sub(A, B) ->
  io:format("~p~n", [A - B]).

mul(A, B) ->
  io:format("~p~n", [A * B]).
  
division(A, B) ->
  io:format("~p~n", [A / B]).


以下の感じで、コンパイルして、呼び出す。

38> c("calc").
{ok,calc}
39> calc:add(20, 10).
30
ok
40> calc:sub(20, 10).
10
ok
41> calc:mul(20, 10).
200
ok
42> calc:division(20, 10).
2.0
ok


割り算 div は予約語みたいです・・・
http://erlang.org/doc/reference_manual/expressions.html

以上。

広告を非表示にする