読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「vsftpd」CentOS 5 系での vsftpd 環境構築メモ

vsftpd

CentOS 5 系での vsftpd 環境構築メモです。

※「とにかく FTP サーバ立てれればいい」という感じなので、細かい設定は無視です。完全に自分用メモという感じで。

言い訳はこれくらいにしていきます。

1. FTP ユーザを作成する

useradd ftpuser
passwd ftpuser


2. yum で vsftpd をインストール

yum -y install vsftpd

インストールされていることを確認する。

rpm -qa | grep vsftpd
vsftpd-2.0.5-28.el5


3. vsftpd を設定する
とりあえず設定ファイルはバックアップしておく

cp /etc/vsftpd/vsftpd.conf /etc/vsftpd/vsftpd.conf.bk

/etc/vsftpd/vsftpd.conf の以下の設定を追加・変更する

ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/vsftpd.chroot_list
use_localtime=YES

vsftpd.chroot_list に ftpuser と記載する


4. vsftpd を起動する

/etc/init.d/vsftpd start


上記で完了です。あとは、適当は FTP クライアント使って ftpuser でログインできるか確認する。

以上です。

[ 環境情報 ]
CentOS 5.5
vsftpd 2.0.5